内科を利用して健康を維持する〜いい内科ネット〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

大切な睡眠

私たちが健康を維持するためにも睡眠はとても大切で、睡眠不足が続くことで体調不良など様々な病気を招いてしまいます。また、不眠症の場合はなかなか眠ることが出来ないので治療を受けると良いでしょう。

詳細へ!

夜間に利用する

医療機関は時間が決められており、曜日によっては午前中のみの診断などもあります。しかし、夜間診療を行なっている医療機関も存在するため仕事が終わった後などに利用することができ、便利といえるでしょう。

詳細へ!

目を休める

目を酷使することで目が疲れてしまい、症状が悪化することで眼精疲労になってしまう可能性があります。そのため、合間に休憩を挟む他にも休日はパソコンなど画面をあまり見ない工夫をすることで避けることが出来ます。

詳細へ!

高脂血症の症状

色んな人が抱えている悩みである梅毒の原因を理解することで、対策が可能です。だからこちらで仕入れましょう。

高脂血症はコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態のことを言いますが、高脂血症の大きな特徴は自覚症状が出ないという点にあります。 コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールと呼ばれるものがありますが、本来コレステロールは1種類しかなく、体内の役割によって名称が変わります。 コレステロールや中性脂肪は血液中にある脂質の一種ですが、悪玉コレステロールは血液の流れに乗って体中を巡ります。その悪玉コレステロールを回収する役割を果たしているのが善玉コレステロールですが、悪玉コレステロールの量が多すぎたり、善玉コレステロールが少なすぎると血管の壁などにコレステロールが残ってしまい、どんどん蓄積されていってしまいます。

高脂血症は、放置しておくとコレステロールが血管内にどんどん蓄積されて動脈硬化になる危険性が高くなります。自覚症状がないまま、ある日突然心筋梗塞などで倒れる人も少なくありません。 高脂血症かどうかは病院で血液検査をすればすぐにわかります。検査で高脂血症の疑いがあると診断された場合はさらに詳しく検査をする場合もあり、症状がひどい場合は薬物治療が行われることもあります。 食生活を見直すだけでも症状が改善される場合も多いので、まずは自分の血中脂質の状態をきちんと把握することが大切です。 悪玉コレステロールが多い血液はドロドロの状態となっているので、血液がサラサラになるといわれる食品やサプリメントを積極的にとることが効果的です。

突然のめまい

普段生活をする中で突然激しいめまいや難聴、吐き気などの症状が現れた場合、メニエール病にかかっている可能性があります。早めに治療を受けることで治る病気のため医療機関を利用すると良いでしょう。

詳細へ!