内科を利用して健康を維持する〜いい内科ネット〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

目を休める

パソコンの作業などは適度に休みながら行う

現代は多くの職場でパソコンを使用します。仕事柄、一日の大半をパソコン画面と向き合う人も多いので、眼精疲労を訴える人も多いのが実情です。眼精疲労の解消には目薬をさしたり、冷たいタオルで目元を冷やしたりといろいろな方法があります。パソコンなしでは社会生活がしにくい社会に日本はなりましたので、うまくこういったOA危機と付き合っていくことを考えるべきです。日常の仕事の忙しさに忙殺されてしまうと休むことを忘れがちになりますが、結局眼精疲労を感じながら作業をしても間違いのもとにもなりますし効率も悪くなりますので、適度に休みを入れながら作業するという心掛けも大切なのです。こういったことは管理者が気を配るべきです。

仮眠をとることも効果的です

電車で出張の際、移動の車中で仮眠をとると目覚めた後すっきりしてその後の商談の際にあまたの回転が良くなったという経験を持っている方も多いと思います。これは仮眠の効果の一つで、一日のうちにどこかでこれをするとその後の仕事の効果が上がることは医学的にも証明されています。企業でも仮眠室を設置している所もありますので、普段眼精疲労を感じがちな人は、こういったことも頭に入れて昼休みなどに仮眠をとることも考えると良いです。体を横にしなくて、椅子に座ったままの仮眠でも目覚めた後は頭がすっきりします。パソコンが広く会社に普及して10年以上になりますが、まだまだこの影響による疲労のことは考慮されてない企業もありますので、今後の企業の課題でもあるのです。