内科を利用して健康を維持する〜いい内科ネット〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

突然のめまい

激しいめまいが起こるメニエール病

メニエール病は激しいめまいが起こるが特徴で、そのめまいのために立ち上がって動くのも難しいことがあります。めまいのほかには吐き気や耳鳴りなどいった症状があり、その中で吐き気はめまいと同じように強い場合が多いです。難聴や耳のつまった感じといった耳鼻科的な症状を伴うこともあります。激しいめまいや吐き気はメニエール病の発作と呼ばれ、メニエール病の発作が起きてしまったら、おさまるまで安静にしておくしかありません。 めまいによる発作は一定時間続くことが多く、長い時には12時間以上強力なめまいが続くこともあります。メニエール病はこのようにやっかいな病気ですが、命に関わることはなく、病院に行ってきちんと治療を受ければ、めまいや吐き気などの症状を和らげることは可能です。

この病気の原因はいろいろある

メニエール病の原因にはいろいろなものがあり、特に知られているものとしてはストレスや睡眠の不足、疲労などがあります。この病気にかかった人は、内耳の状態がおかしくなっており、具体的には内耳のリンパが増えすぎています。 メニエール病のめまいがひどい時は、点滴をしてめまいを止めるのが一番良い治療法です。点滴のほかに薬を処方されることもあり、めまい止めや利尿剤などが特によく使われます。利尿剤は体の中の水分を外に出すために使われるもので、特に内耳の水分の排出に役立ちます。めまい止めや利尿剤のほかには、抗不安薬やビタミン剤が使われることもあります。抗不安剤は、メニエール病の原因の一つであるストレスを取り除くために使われます。