内科を利用して健康を維持する〜いい内科ネット〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

夜間に利用する

苦しい時に利用するよりどころ

体調が悪くても昼間仕事をしているとなかなか病院には行きづらいものです。そんな時に利用するのが夜間診療を行っている病院への診察です。当番で夜間診療を行っている病院もありますが利用するのは、決められた曜日だけ夜間診療を受け付ける個人病です。当番病院の場合は来院する人が多いために応急処置程度の治療が主になるからです。夜間診療は会計時に割増料金を支払うことになります。体調が悪く自宅で我慢するよりは多少お金の支払いは増えてもきちんとした医療機関で診察を受けた方が結局は自分のためになります。特に風邪などで苦しい時に夜間診療を受け付けてくれる病院があると安心感が違います。薬を処方されることでつらさが少し改善されるからです。

夜間診療を利用する時

風邪が流行している時期は内科の夜間診療は人であふれかえります。昼間病院に行けない人が集まるからです。数時間も待たされることもありますが仕事を休むことができない場合は夜間診療を行っている病院に頼るしかないのです。もちろん昼間に病院を利用できる時にはそちらを優先します。夜間診療を利用するのは耐えられないほどの具合の悪さが生じた時だけです。むやみやたらに夜間診療を利用る人がいますがはっきり言って迷惑行為につながります。医師不足と全国的に問題になっている日本の社会の中でできる範囲で協力をしなければ現在の状況を改善させることがてぎないからです。日本人なら夜間診療は切羽詰まった時のみに利用する医療機関として認識する必要があります。